B型肝炎訴訟での給付金は?

もしかして給付金対象にはいっているかも、、。
B型肝炎は集団予防接種等でB型肝炎ウイルスに感染した方と、
その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)が対象者のようです。

B型肝炎訴訟での給付金って?

給付金は、7歳になるまでに、集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)の際の注射器の連続使用により、
B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)に対して、病態に応じ50万~3600万円等を支払うものだそうです。

給付金の対象の人は、認定をしてもらわなくてはならないそうで、裁判所において、救済要件に合致するかどうか、証拠に基づき確認していくこととなります。
給付金を受け取るためには、国を相手とする国家賠償請求訴訟を提起して、国との間で和解等を行わなければならず、少し敷居が高そうな気がします・・。

国との間で和解って?

注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方々が、
国に対して損害賠償を求めて集団訴訟(B型肝炎訴訟)を起こし、その訴訟で裁判所の仲介で和解協議を進めた結果平成23年6月に、国とB型肝炎ウイルスに持続感染したとされる方々との間で、基本的な合意がなされ、 その後も、20年の除斥期間が経過した死亡・肝がん・肝硬変(重度)、肝硬変(軽度)の方との和解されたそうです。

B型肝炎訴訟での給付金一覧

死亡・肝がん・肝硬変(重度) 3,600万円
肝硬変(軽度) 2,500万円
慢性B型肝炎(ニの方は除く。) 1,250万円
除斥期間(※1)が経過した慢性B型肝炎
(ⅰ)現在、慢性肝炎にり患している方 など 300万円
(ⅱ)過去、慢性肝炎にり患した方のうち、(ⅰ)以外の方 150万円
ホ 無症候性キャリア(※2除斥期間を経過していない方) 600万円
ヘ 除斥期間が経過した無症候性キャリア(※3) 50万円
ヘ 除斥期間が経過した無症候性キャリア(※3) 50万円

※1 除斥期間について:民法では、「不法行為の時」から20年を経過すると、損害賠償請求権が時効により消滅するとされています。
※2 無症候性キャリアとは、B型肝炎ウイルスに感染していても症状が現れていない方たちです。
※3 除斥期間が経過した無症候性キャリア(特定無症候性持続感染者)の方に対しては、給付金50万円に加え、以下の費用が支給されます。

•慢性肝炎などの発症を確認するための定期検査費用(年4回まで)
•定期検査手当(定期検査1回につき15,000円、年2回まで)
•母子感染防止のためのワクチン接種などの費用
•世帯内家族の感染防止のためのワクチン接種などの費用


訴訟手当金として、訴訟などに係る弁護士費用(上記給付金額の4%に相当する額)なども支給されるそうです。

B型肝炎の訴訟や給付金請求は弁護士に相談してみましょう!

B型肝炎訴訟で知っておくべき事

B型肝炎ってそもそもどんな病気なの?

B型肝炎訴訟での給付金は?

B型肝炎訴訟・給付金請求などを得意とする全国の弁護士を地域から検索。

各要件から弁護士を探す

B型肝炎訴訟の専門家検索の上部へ戻る